MENU
透析外来のご案内
仁恵会 > 石井病院 > 診療案内 > 専門外来のご案内 > 透析外来のご案内

透析外来について

じんけいクリニック(泌尿器科・血液透析)と密接に連携して、合併症により入院の必要な透析患者様の維持透析と、慢性腎不全の方への透析導入を行っています。通常の内シャント造設手術はもとより、バルーンカテーテルを用いたシャント血管の拡張、形成術など最新の治療も行っています。

~保存期、腎不全管理から透析導入、維持期、合併症治療まで行います~

保存期 腎不全管理

・透析導入までの期間を可能な限り長くするために、外来での薬物治療、食事指導、生活療法指導等を行います。
・透析が回避出来なくなれば、透析導入の説明、指導を行い、適切な時期にシャント作成手術を行います。

導入期

・透析導入は外来導入または入院導入で行います。
高齢者で合併症のある方は、原則として、入院導入し、血圧の変動や不均衡症候群等に対処しながら、全身管理を行います。

維持期

・日常的には、高血圧、貧血、カルシウム・リン代謝、除水量、体重コントロールなど、きめ細かな管理や栄養指導を行います。
・通院不可能になって、自立困難な方には、石井病院の療養病棟やじんけいクリニックの有床診療所に入院して頂き、リハビリ、介護中心のケアを行います。

血液浄化療法

・血液透析法(HD)
・血液濾過法(HF)
・血液透析濾過法(HDF)
・無酢酸透析法(AFBF)
・直接血液吸着
   β2ミクログロブリン吸着
   エンドトキシン吸着
   薬物、毒物吸着
・血漿吸着
   LDL吸着
・サイトアフェレーシス:白血球除去
・on line-HDF
血液透析法(HD)

血液濾過法(HF)
オンライン-HDF

オンライン-HDFとは?


HDFとは血液透析にろ過を加えた治療法です。
HDFのなかでも、オフライン-HDFとオンライン-HDFという方法があります。
オフライン-HDFは瓶や補液バックに入った薬剤を補液として使用するのでろ過するために足される補液量は少なく、オンライン-HDFは透析液をそのまま補液として使用するため、ろ過するために足される補液量が多くなります。
そのためオンライン-HDFのほうがより多くのろ過をかけることができ、より多くの老廃物を取り除くことができるのです。

施設認定

2015年4月より当院は、日本透析医学会 認定施設審査にて適格と判断され、兵庫県下で15番目、東播地区の民間病院としては初めての認定施設として承認されました。

【専門医/認定医など】
日本透析医学会指導医/専門医 内科部長 小原 一朗

関連診療

循環器内科

【 1 】 心臓カテーテル検査、経皮的冠動脈形成術(PCI)
【 2 】 下肢閉塞性動脈硬化症(ASO)に対するフットケア
【 3 】 下肢動脈エコーおよび造影CT、血管形成術(PTA)
【 4 】 シャントトラブルに対するエコー検査と血管形成術(PTA)
【 5 】 不整脈に対するペースメーカー植込み手術
【 6 】 睡眠時無呼吸症候群に対する検査、治療
【 7 】 心臓リハビリテーション、運動療法 (心筋梗塞、狭心症、心不全、下肢閉塞性動脈硬化症)

血管造影システム Trinias C12

主な医療機器

平成27年5月より、血管造影室に島津製作所製の最新血管造影システム「Trinias C12」を導入しました。
心臓や四肢の血管の病気に対して、カテーテルを用いて行う造影検査と治療、透析患者様の内シャント狭窄や閉塞に対するバルーン血管拡張術などに使用する装置です。
従来の造影システムと比べて画質が優れ、操作性の向上により検査時間が短縮し、患者さまに対する放射線被曝量はさらに軽減しています。

外科

【 1 】 シャント手術(通常のシャント造設、再建)
【 2 】 人工血管を用いてシャント再建手術
【 3 】 腹腔鏡下の胆石の手術
【 4 】 脱腸(ヘルニア)の手術
【 5 】 痔核の手術
【 6 】 下肢静脈瘤の手術 など

消化器内科・消化器外科

【 1 】 上部消化管内視鏡検査、胃カメラ(経鼻導入)
【 2 】 下部消化管内視鏡検査、大腸カメラ
【 3 】 超音波検査、CT

整形外科

骨折、関節、手根管症候群などの手術、治療を行います。

その他

当院かかりつけの透析患者さんには、緊急時の対応を行います。(緊急透析、シャントトラブルなど)
また、旅行、出張、帰省などの方の透析も受け付け致します。

お問い合わせ先

電話にてお問い合わせ下さい。

電話でのお問合せ 078-918-1655 石井病院(入院可)
078-913-5733 じんけいクリニック(通院)
PAGE TOPへ