MENU
石井病院

看護部紹介

外来部門(手術室・中央材料室含む) (1F)

私たち(看護師・ヘルパー・医療クラーク)は、手術、血管造影、内視鏡などを含む外来部門に従事し、他職種と連携しあいながら日々の業務を行っています。
当院の理念である「仁=思いやり」をモットーに安全・安心、信頼される医療を目指し、スタッフ一同、専門的な知識、技術を高め、患者様によりよい看護が提供できるよう努めています。
何か体調に不安なこと、また症状はあるが受診する科がわからないなどの相談がありましたら気軽にお声かけください。

一般病棟 (2F)

私達2階病棟は、一般病床30床、地域包括ケア病床16床 合計46床となる一般病棟です。 急性期、周手術期、終末期などにある患者様のケアを担当させていただいております。
一般病棟に入院される患者様は、突然の入院、手術、生命上の危機的状態にあり、大きな苦痛や不安を抱えておられます。
医師の治療、指示を確実、迅速に実施し、一刻も早くその苦痛や不安を軽減出来る様に、他のパラメディカルの職員と協力、連携を密にして健全なチーム医療を展開しています。 特に褥瘡予防やNSTなどにチーム医療が力を発揮しています。 そして病気にかかった人達の為に、思いやり、慈しみのある心を持ち、人間として尊厳を大切にしたケアを提供することが、私達のモットーであり誇りです。 その為に日々研鑽を重ねています。

療養病棟 (3F)

療養病棟とは、急性期治療を終えた患者様の身体的、精神的、社会的側面を総合的に支援しています。
透析患者様、呼吸管理の必要な患者様、高カロリー輸液の患者様を中心に残存能力の維持、開発に努め患者様の病状を踏まえた上で最大限に暖かい雰囲気を作ることを重視しています。
看護、介護職員は他職種と連携を取りながら、それぞれの専門性を十分に発揮し、患者様に対して個々の病状に応じて適切なケアを提供しています。
地域に根ざした「仁=思いやり治療」をモットーに「全ての患者様に応じ安心と安全」を提供できるよう努めています。

回復期リハビリテーション病棟 (4F)

脳血管疾患や下肢の骨折、また外科的手術や肺炎などの治療中の安静により、体力が低下した患者さまに対して集中的にリハビリテーションを行う病棟です。
医師、看護師、介護スタッフ、リハビリスタッフ、医療相談員、栄養士、薬剤師などの専門職がチームを組み、患者さまに合わせた計画を作成、実施し、日常生活動作の向上及び在宅復帰を支援いたします。

入棟期間と対象患者様

脳血管疾患、脊髄損傷などの発症後、もしくは手術後2ヶ月以内の患者様 入棟日より150日間
※高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の脊髄損傷および頭部外傷を含む多発外傷の場合
入棟日より180日間
大腿骨、骨盤、脊髄、股関節、または膝関節の骨折または、手術後2ヶ月以内の患者様 入棟日より90日間
外科的手術後または肺炎などの治療時の安静により生じた廃用症候群を有しており、手術後または発症後2ヶ月以内の患者様 入棟日より90日間
大腿骨、骨盤、脊髄、股関節、または膝関節の神経・筋・靭帯損傷1ヶ月以内の患者様 入棟日より60日間

病棟目標

◎ 安全・安楽な療養環境を提供する。
◎ ADL(日常生活動作)の向上を図る。
◎ 在宅復帰を支援する。

私たちはチーム医療を行っています。

専従医師・主治医・PT(理学療法士)・OT(作業療法士)・ST(言語聴覚士)
看護師・CW(介護職)・MSW(メディカルソーシャルワーカー)・管理栄養士・薬剤師

職員からのメッセージ
看護師募集はこちら
MENU
PAGE TOPへ