透析外来のご案内

仁恵会 > 泌尿器科・血液透析 じんけいクリニック > 透析外来のご案内
患者さんに生涯にわたり寄り添う医療、守り続ける医療

 じんけいクリニックウェブサイト透析外来へアクセスいただきまして、ありがとうございます。院長の福士です。
 じんけいクリニック透析室では、38床の透析ベッドで80数名の外来患者さんに血液透析治療やオンライン血液透析濾過治療を施行しています。
 月水金は夜間透析含め2クール、火木土は1クールのみの施行です。ご自分で通院困難な方へは送迎車両もご用意いたしております。
 末期腎不全という極限状態におかれた生命体では、バスキュラーアクセス不全症、脳血管障害、急性~慢性心機能不全、虚血性心疾患、不整脈、消化管出血、易感染症(急性肺炎、急性胆管炎、急性腸炎、バスキュラーアクセス感染症)、悪性腫瘍、全身アミロイドーシス(破壊性脊椎関節症、手根管症候群、肘管症候群)、骨ミネラル代謝異常、重症下肢虚血症など、枚挙にいとまがないほど多岐にわたる合併症が生じえます。

 しかしそれでも、それゆえに、ひとりひとりの患者様のこれら全ての問題をもらすことなく正確に掌握し、おかれた状況の中で最善の一手を打ち続けること、少なくとも打ち続けようと努力し続けることは、主治医として最低限の使命と思っています。透析患者さんを診るためには、救急外来をマスターせねばならないとの思いから、これまで多くの病院で身を粉にして当直をこなし研鑽を積んできた経験も活かせるものと自負しています。日々変化する患者さんの病状に対し後手に回ることなく先手を打ち続けることを常に心がけ(ゆえに中央監視システムでの厳重なフォローに加えて、回診は連日行います)、QOLの向上、生存率の向上につなげたいと思っています。
 決して完全緩解することのない病(末期腎不全)と闘い続けねばならない透析患者さんに生涯にわたり寄り添う医療、守り続ける医療に心血を注ぎたいと思います。

人工透析診療時間

9:00 ~ 17:00
17:00 ~ 22:00

休診日:日曜日

臨時透析あり
旅行、帰省、出張などの場合は臨時透析を受け付けております。
まずはお電話にてお問い合わせください。

PAGE TOPへ