内視鏡外来のご案内
仁恵会 > 石井病院 > 診療案内 > 専門外来のご案内 > 内視鏡外来のご案内

内視鏡検査とは

内視鏡技術、器具の性能の向上にともない、これまでは発見の難しかった早期のがんや開腹手術しか方法のなかった大きさのがんも内視鏡での発見、治療ができるようになってきています。
それでもなお、胃がん・大腸がんといった消化器系腫瘍は日本人の死亡原因の上位を占めています。
そのような重大な病気も早期に発見すれば治癒できる可能性が高いため、いかに早期発見・早期治療を行うかが非常に重要です。
内視鏡検査はつらい、怖いといったイメージを持っている方が多いと思いますが、安全性を確保した上で、できるだけ気楽に検査を受けていただけるよう心がけております。

内視鏡室の特徴

内視鏡室では、NBIなどの特殊光検査に対応した最新の機器を備えた検査機が上部消化管4機、下部消化管2本、超音波内視鏡検査などの高度な内視鏡精密検査や緊急内視鏡検査・処置をはじめEMRなどの内視鏡手術にも対応できる装備も備え、鎮静剤使用後充分な検査・処置後休憩観察の時間をとることができるようになっております。 また、プライバシーの保てる診察室で検査結果の説明や今後の方針を相談できるようにもなっております。
また、機器管理の面から臨床工学室と連携し、病院で使用される光学機器(スコープその他)の洗浄、管理も担っております。 検査・処置の主体となるスコープは以下のごとく充実した機種を備えており、最高水準の内視鏡診断、内視鏡処置が提供できるようになっております。
また、内視鏡検査・治療目的のX線透視室も付設されており、処置をはじめとする透視を用いた検査・治療も充分な設備のもとに受けていただけるようになっています。

内視鏡検査への取り組み

内視鏡検査は本来、多少の苦痛は伴う検査です。
早期発見、早期治療を目指す上では症状が出る前、もしくは症状が軽いうちに検査を受け、定期的に検査を受けていくことが何より大事です。

しかし、検査につらいイメージを持っている方や、一度検査を受けてつらかった方は内視鏡検査を気楽に受けることは難しいと思います。そのため、患者さんに“苦しくない”検査を心がけています。

上部消化管内視鏡検査

腹痛、貧血などの原因を調べるため、食道・胃・十二指腸に発生した潰瘍、炎症、腫瘍、ポリープなどを診断するために行います。 その際組織検査(顕微鏡で細胞を確認する)のため病変の一部を摘み取ってくることがあります(生検といいます)。

経鼻内視鏡も選択できます

従来の胃カメラ(10mmほど)に比べ、5mm程度とかなり細い内視鏡を使用し、鼻から挿入することができます。喉の奥の吐き気を感じる場所を刺激しないため、検査中にオェッとなることが少なくなります。また、喉の違和感も少なく済みます。画質はやや劣るため、病気によっては通常の胃カメラをおすすめする場合もあります。緊急時や治療目的の検査の場合、検査時に血の止まりにくい薬を飲んでいる場合などは適応になりません。
また鼻の手術を受けたことがある、鼻の病気で治療中の場合、よく鼻出血を起こす場合等は適応とならないことがあります。

大腸内視鏡検査

大腸(結腸と直腸)を観察するために肛門から内視鏡を挿入し、これらの部位に発生したポリープや癌、炎症などを診断します。 組織の一部をとって調べたり(生検)、病変を内視鏡的に切除することもできます。

二酸化炭素の送気装置

通常の内視鏡検査では内視鏡の先端から空気を送気して大腸をふくらませて観察します。
そのため、検査後にお腹がはったり気持ち悪くなったりすることがあります。
当院では空気の代わりに二酸化酸素を送気する器具を常備しております。
二酸化炭素は水や体内に吸収されやすいため、検査後のお腹のはりや苦しさを軽減できます。

上部消化管・大腸内視鏡検査ともに鎮痛剤・鎮静剤を使用することもできます

希望される方に対しては点滴を行いながら鎮痛剤や鎮静剤の注射をしてから検査を行います。
意識はあっても少しぼーっとした状態(浅い鎮静)から、ほぼ寝てしまっている状態(深い鎮静)まで、患者さんの希望にあわせ調節します。
検査後はしばらくお休み頂く場合があります。

内視鏡診断・治療

内視鏡技術と機器の進歩はまさに日進月歩、発見が困難であった小さな病変や、大きな手術が必要であったがんなどの病気も内視鏡検査で発見・治療ができるようになっています。
当院でも最先端の内視鏡器具・設備を整え、経験豊富な医師による巧みな技術で適切かつ迅速な診断・治療を行う体制をつくり上げています。

内視鏡器具

内視鏡診断・治療では鮮明な画像が得られることが特に重要になります。
当院では、大腸や食道がんの早期発見をより確実なものとするため、最先端の「NBI内視鏡システム」を導入致しました。
NBIとは、光源(照明装置)の先端に、青い光だけを通すフィルターをとりつけ、患部に波長の短い青い光があたるようにして観察するものです。癌ができると、栄養を運ぶため非常に細い血管ができることから、癌細胞の周りには正常細胞には見られない不整形な模様ができます。 NBIでは、狭帯域に絞って調べるため、この模様の部分が強調され、正常細胞との見分けがつきやすく発見出来る確率が高くなり、超微小癌も発見が可能となりました。
ハイビジョンCCDカメラ搭載のスコープを取りそろえ、必要に応じて拡大して観察したり(拡大内視鏡)、色のついた薬剤を撒いて観察したり(色素内視鏡)、超音波装置でより内部を観察したり(超音波内視鏡)することで診断のレベル向上をはかっています。

超音波内視鏡の活用

超音波内視鏡とは通常の内視鏡検査のように病気の部分を観察しつつ、内視鏡に取りつけた超音波装置で見えている表面のさらに奥の画像を観察する検査です。
通常より時間はかかりますが、それ以外は変わりません。早期がんの進行具合を調べたり、表面の奥にできる病気(粘膜下腫瘍など)を詳しく調べたり、胃や腸のさらに外側の病気を調べることができます。

内視鏡治療

内視鏡器具と技術の進歩により、従来内視鏡では治療が難しかった病気も治せるようになってきています。
当院でも経験豊富な医師により、様々な疾患治療に取り組んでいます。ぜひ一度ご相談ください。

当院で行っている内視鏡治療

1. 早期胃がん・早期大腸がんに対する内視鏡粘膜切除術(EMR)
2. 胃ポリープ、大腸ポリープに対する内視鏡的切除術
(ポリペクトミー、内視鏡粘膜切除術)
3. 胃・十二指腸潰瘍、大腸からの出血に対する止血術
4. 嚥下障害のため経口摂取が不能な方に対する内視鏡的胃瘻増設術
5. 食道内異物や胃内容物に対する異物除去術

内視鏡検査の受け方

通常は検査日の予約が必要です。担当医とご相談の上、検査日をお決めください。
また、検査当日は内視鏡検査の種類によって異なった前処置(絶食や洗腸など)が必要ですので、お間違えのないように指示をご確認ください。
検査当日は、胃腸の動きを止める薬や麻酔薬などいろいろな薬を使う可能性があります。
検査の安全性を高めるため、検査前には以下のような項目について質問されるかと思います。
また各項目に心あたりがありましたら積極的にお申し出ください。

・歯の治療で麻酔の注射(キシロカイン)で具合が悪くなったことがあるか
・血の止まりにくい薬を飲んでいるか(ワーファリン、バッファリンなど)
・高血圧の薬を飲んでいるか
・不整脈といわれたことがあるか
・狭心症、心筋梗塞、その他の心臓の病気といわれたことがあるか
・緑内障といわれたことがあるか
・前立腺肥大があるか
・糖尿病でインスリンを使用しているか
・睡眠薬、精神安定剤を服用しているか
・脳卒中を起こしたことがあるか

服用している薬の中止方法や、検査当日の服用方法については担当医から指示を受けて下さい。
検査後2時間くらいは車の運転は危険ですので避けて下さい。

緊急検査の場合

吐血や下血など消化管からの出血が疑われる場合など病状によっては緊急に内視鏡検査を行う必要があります。
この場合はすぐに検査をしないと生命に危険が生じると判断されるときであり、予約の必要はありません。
検査後入院が必要になる場合があります。

平日お忙しい患者さまへ

土曜日(午前診)の「内視鏡検査」をおすすめします

当院では、平日及び土曜日の午前診に、日本消化器内視鏡学会指導医/専門医を中心とした医師2名体制で胃カメラ・大腸カメラの検査を原則予約制で行っております。
特に土曜日の午前診は、平日働いておられる患者さまの希望が多く、お早目の予約をおすすめ致します。

尚、検査を行うには、一度外来を受診していただく必要があります。

また検査当日は、検査の種類によって検査前の前処置(絶食や浣腸など)が必要となりますので、来院時間などお間違いのないように主治医の指示をご確認ください。

受付時間/担当医表

※内視鏡検査を受けられる方は、事前に外来(消化器内科)を受診して頂きます。

> 診療科のご案内 - 消化器内科・消化器外科

受付時間

内視鏡検査 胃(検査)/内視鏡検査 大腸(検査)

午前 9:00 ~ 12:00

担当医表

内視鏡検査 胃(検査)

  土(午前のみ)
午前 福井 中尾 中村 中尾 福井 中村

内視鏡検査 大腸(検査)

  土(午前のみ)
午前 福井 中尾 中村 中尾 福井 中村

専門医/認定医など

日本消化器内視鏡学会
指導医/専門医
院  長 石井 洋光
副院長 中尾 宏司
診療医長 中村 光宏
PAGE TOPへ
メニュー

MENU

お問い合わせ

関連施設