MENU
血管治療外来のご案内
仁恵会 > 石井病院 > 診療案内 > 専門外来のご案内 > 血管治療外来のご案内 > 心臓の血管に起こったら…虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)

動脈硬化が心臓の血管に起こったら…虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)

駅の階段や坂道を上がったときや急ぎ足になったときに、胸が痛くなったり、圧迫されたりすることはありませんか。 このような場合には狭心症という病気にかかっていることがありますので注意が必要です。 狭心症が進んで心筋梗塞になってしまうと生命が危険になるため、早期発見、早期治療が大切です。
これから順を追ってわかりやすく説明していきましょう。

心臓と冠動脈について

狭心症になると

心臓は筋肉でできたポンプで、全身に血液を送っています。 そして心臓自身に栄養や酸素を送って養っている動脈が冠動脈です。 冠動脈は心臓の表面を冠(かんむり)のような形でおおっていることから、その名がつきました。 冠動脈は左右2本にわかれ、左の冠動脈はさらに2本にわかれます。 主要な冠動脈は、右冠動脈と左前下降枝と左回旋枝の3本です。

狭心症と心筋梗塞について

狭心症で痛むところ

狭心症

冠動脈の内側にコレステロールがたまると、血管の中が狭くなって血液の流れが悪くなります。 この状態を冠動脈の動脈硬化といいます。ちょうどゴムホースが古くなると固くなり、内側にゴミやカスがたまってくるのに似ています。
このようになると心臓の筋肉に十分な血液が流れなくなり、心臓の筋肉が動かなくなります。 胸の痛みや圧迫感が現れ、心臓が働かなくなり危険があるという信号(SOS)が出されます。 この病気が狭心症です。狭心症の痛みは安静にしていると長くても15分まででおさまります。

狭心症の発作を起こしやすい時の例

狭心症が進んで心筋梗塞に

ところが狭心症が進んで冠動脈の中が完全につまってしまうと、心臓の筋肉に血液が流れなくなるために筋肉が死んでしまいます。 これを心筋梗塞といいます。胸痛は30分以上続き、最初の発作で命を落とすことのあるたいへん恐ろしい病気です。 狭心症の症状は人によって違っており、痛みを感じるところは胸以外に、みぞおち、背中、左肩、のど、歯などです。 発作を起こしやすいのは、階段をかけ上がったとき、重いものを持ったとき、興奮したとき、冷たい風に当たったとき、飲み過ぎ食べ過ぎたときなどです。 睡眠中や朝起きたときに胸痛を起こす安静時狭心症もあります。 このような症状に気をつけていれば、だいたい狭心症かどうかがおわかりかと思いますが、糖尿病や高齢の方は痛みを感じにくくなっていることが多いので、医師にご相談ください。

狭心症の検査について

狭心症の疑いがある場合には次のステップで検査を行い、診断を確実にしていきます。 まず運動負荷心電図や心エコー、ホルター心電図といった、痛くない検査(非侵襲的検査)を行って、狭心症であるかどうかの目星をつけ、かなりあやしいということになれば、心臓カテーテル検査に進みます。

運動負荷心電図

心電図をつけたまま、自転車(エルゴメーター)をこぎます。 時間がたつにつれて、だんだんと自転車のペダルが重くなり、運動の強さが増していきます。 運動中の心電図や血圧の変化が記録され、異常が見られると狭心症であるかどうかが診断されます。 心臓のモニターを厳重にしながら、専門の医師と臨床検査技師が常に立ち会って行いますので、安全に検査を行うことができます。

Vivid E9

心エコー検査

胸に超音波を当てることにより、心臓の中が見えます。
心臓の構造や動き、血液の流れの状態など詳しい心臓の働き具合がわかります。
この検査は簡便で痛みがなく30分程度で終わり、多くの情報が得られる大変有用な検査です。
当院ではGE社製ビビッドE9という最新鋭の心エコー専用装置を入れており、画質が鮮明で細かいところまで観察でき、血流の評価や負荷心エコー法についても最先端のことができます。

ホルター心電図

胸に電極をはり、腰に携帯型の小さな記録用心電計をつけて、24時間心電図を記録します。 つけている間に心臓の発作や症状があったり、何かの変化が起こったときにはただちに記録され、翌日機械をはずした後に詳しい解析を行います。 つけている間は安静にせず、普段どおりの生活をしてください。

心臓カテーテル検査

これまでに述べてきました検査により、これは狭心症の可能性が高いなということになりましたら、狭心症の最終的な診断を確実にするために、心臓カテーテル検査を行う必要があります。 今までの検査と違って、麻酔をしてから血管の中に細い管を入れ、造影剤を注入して、冠動脈を撮影する検査です。はじめてこれをお聞きになった方は、血管から管を入れるなんて、こわい検査だなと感じられることと思いますが、とても大事な検査ですので具体的に説明していきましょう。狭心症の診断を確実にするためには冠動脈の狭くなっているところや、つまっているところを直接目に見える形として写しださなければなりません。エコーや普通のレントゲンでは正確な診断はできないのです。そのために心血管撮影装置を用いた心臓カテーテル検査というやや大がかりな検査が必要になります。

カテーテルの挿入方法

まず、手首、肘、足の付け根のいずれかの動脈に局所麻酔をしてから、カテーテルという細い管を心臓まで入れ、冠動脈や心臓を造影剤を注入してレントゲンで撮影します。 血管はレントゲンを当てるだけでは写らないので造影剤を血管の中に入れる必要があります。 また、心臓内の圧力を測ることによって心臓の働き具合を調べます。 麻酔をする際に針をさすチクッとする痛みがありますが、カテーテルが血管の中に入るともう痛みはありません。血管撮影室という手術室に準じた清潔な部屋で検査は行われます。少し眠くなる程度の鎮静剤を使いますが局所麻酔ですから、先生とお話をしながら進めていきます。検査自体は約1時間で終了し、カテーテルを通すために開けた小さな穴(約2ミリ程度の傷です)を圧迫して出血しないようにします。 検査後数時間安静にした後は歩行でき、翌日退院できます。

最新血管造影システム「Trinias C12」

当院では、平成27年5月より、血管造影室に島津製作所製の最新血管造影システム「Trinias C12」を導入しました。心臓や四肢の血管の病気に対して、カテーテルを用いて行う造影検査と治療、透析患者様の内シャント狭窄や閉塞に対するバルーン血管拡張術などに使用する装置です。
従来の造影システムと比べて画質が優れ、操作性の向上により検査時間が短縮し、患者さまに対する放射線被曝量はさらに軽減しています。

治療法について

PTCA

狭心症や心筋梗塞の治療法には、薬による治療やPTCA(経皮的冠動脈形成術またはバルーン(風船)療法ともいいます)、冠動脈バイパス手術(重症の狭心症で、PTCAができない場合に行います。 冠動脈の狭くなった部分を避けて血流が迂回できるように、バイパスをする手術です。)があります。 薬は胸の痛みを軽くするのには役立ちますが、狭くなっていたり、つまったりしている血管そのものを治すことはできません。
バルーン療法は、風船のついた細いカテーテルで冠動脈の狭くなった部分を広げる治療で、手術をせずに血管の中から治すことができます。 やり方は前に述べました心臓カテーテル検査と同様に、足の付け根または手首の血管からカテーテルを心臓まで進めます。 冠動脈の狭くなったところを柔らかいワイヤーで通してから、風船付きカテーテルを進め、冠動脈の内側から風船をふくらませることにより、狭くなったところを押し広げて血液の流れを良くします。

ステント

風船でうまく広がらない場合には、ステントという金属でできた網状の筒を入れて補強します。 また、狭くなったところをカッターのついたカテーテルで削り取ってしまうアテレクトミー(DCA)という治療法もあります。 手術に比べて短時間で終了し、数日の入院期間で済みます。退院後も内服治療が続きますので、定期的な通院を続けてください。 もしまた胸が痛くなれば、受診日でなくとも早急に病院まで連絡してください。 治療後3か月から6か月の間に、一部の患者様の中には、広がっていた血管がまた狭くなってしまう場合がありますので、その時期にもう一度心臓カテーテル検査を受けてください。

DCA

再狭窄していてもPTCAで治療できます。また、禁煙を続け、脂肪分の少ない食事をし、ストレスをさけるなど生活習慣の改善が必要ですので、医師や病院スタッフに気軽にご相談ください。 心臓カテーテル検査やバルーン療法は医療保険でできますので、費用につきましては病院事務で説明いたします。

PAGE TOPへ